iPhone7sの写真画像へのGPSデータ付与について

subpage01

iPhone7sは年々進化して写真の画質も向上しています。夜間撮影機能や手振れ防止機能などがあるためデジタルカメラと同じように利用して写真撮影をしている方も多いのではないでしょうか。


しかし、使い方を誤ると自宅情報や勤務地などの撮影場所が知らないうちに公開されることがあります。
まず注意点として購入時の設定は撮影するごとにその時の時間や日付そしてGPS情報が画像と一緒に保存されます。

個人でiPhone7s上で見て楽しむ分には問題ありませんが、最近ではSNSなどを利用して画像を共有する機会が増えています。
その場合にはGPS情報も一緒に送信してしまうため、パソコンなどで簡単にその情報から場所が判明してしまいます。
最悪の場合ストーカー被害などに巻き込まれる可能性があるためiPhone7sの設定よりGPSデータをカメラアプリケーションに付与しないという設定に変更が必要です。


また、アプリケーションの中には以前に撮った写真情報からGPSデータを削除するものもありますからインターネット上に写真を投稿する場合には確認をする必要があります。



もちろん、このiPhone7sの写真へのGPS機能は使い方によっては大変便利なものです。
例えば写真の整理をする場合には、撮影場所の再確認と周辺写真の一括閲覧などが簡単に行うことができます。

自分に合ったYOMIURI ONLINE情報を簡単に調べられます。

また、友達と待ち合わせをする時にはGPSデータと近辺の象徴的な建物の画像を送信することで相手にも場所を確認しやすくなります。


GPSデータから地図への変換はアプリケーションやインターネット上で簡単に行うことができるため利用価値は高いはずです。

このようにiPhone7sなどの高性能機器には便利な機能もたくさんありますが、使い方を知らないと思いもよらないことが起こる可能性があります注意も必要かもしれません。