iPhone7s向けサイト

subpage01

iPhone7sは日本では特に販売数の多いスマートフォンとして注目されています。
iPhone7sは3Gからソフトバンクが、4SからAUが販売を始め、5S、5CからはNTTドコモが販売をはじめたことで主要な通信キャリアがすべてそろいました。
特にNTTドコモが販売を始めたことで日本のスマートフォン市場が一気に拡大したと言われています。

そのため、ホームページやブログも急速にiPhone7s対応を始めています。



iPhone7s対応では主に2点作業が入っています。

goo ニュースについて紹介している良質なサイトの情報はこちらです。

1つはフラッシュを使ったサイトの書き換えです。



iPhone7sはフラッシュが一切見られないのでJavscriptやHTML5を使って書き換えるサイトが多かったようです。

ただし、どうしても独自表現がしたいサイトについてはスマートフォン向けのサイトを簡易版として扱い、最低限の表示にとどめたというサイトもあります。


動画サイトについてもフラッシュが主に使われていましたが、HTML5への切り替えが急速に進んでいます。

2つ目はホームページやブログの構造の変化です。

PC向けは横幅も広く使って表現していますが、スマートフォン向けには記事を1つづつ選べるデザインにするなど、画面が小さくても見て欲しいコンテンツを中心にみやすい形状にしています。